里山民家は2000年6月の新築公開以来、沢山の方にご利用を頂き、無事十余年を過ごしました。竣工後10年近くなる頃から、茅葺面に少しずつ傷みが見えるようになり、2011年11月から4ヵ月の工期を掛けて、差し茅(差茅)という工法でメテナンス工事することになりました。
ここに茅葺屋根の維持管理について、一般的事項と工事報告を掲載します。


→維持管理について一般的事項
茅葺の維持管理にはどんな工法があるか ■差し茅工事の種類


→里山民家の差し茅
2011年11月〜2012年3月に行った維持管理改修工事の記録です

それぞれの写真に日付が入っていますので、下の工程表を見て、全体の工程の中での流れを理解して下さい
■材料検査
■下拵え
■仮設
■苔落とし
■差し茅
■蓑甲・狐格子
■棟造り
■刈込
■雪の日の作業
■差し茅工事見学会
■茅材産地石巻の被災


→里山民家の差し茅
実施工程表
工事の流れ、日数、職人工数が分ります ■差し茅実施工程表


→里山民家以外の
維持管理
葺き替え:江戸東京たてもの園吉野家 ■葺き替え実施工程表
茅葺屋根の維持管理
インデックス

鈴木啓二/建築設計社のホームページ
トップページへ次、茅葺メインテナンス工法の種類へ